TOEICと就職、勉強法

TOEICと就職、勉強法

就職で決め手になるのは人物であることには間違いありませんが、TOEICで高得点を獲得していると有利になることも事実です。特に語学を使う職業(外交官・総合商社・英語教師等)や職種(国際部門等)を希望する方は大学在学中にTOEICを受験されることをお勧めします。スコアは700点以上あることが望ましく、800点以上あればかなり有利になります。
就職と勉強 勉強法は、参考書による独学が手っ取り早いです。書店に行けばTOEICの参考書が数多く売られていますので、自分のレベルに合ったものを選んでください。問題練習型と模試型がありますが、問題練習型でパターンをつかんでから模試に取りかかってください。
TOEICにはリスニングとリーディングの2セクションがありますが、両方をバランスよく学習してください。金銭や時間に余裕がある方は通信教育や語学学校も検討してみてもいいですが、金銭面において負担が大きいですので慎重に判断してください。
それでは、就職活動でよき結果が得られますよう。期待いたします。

キャリアアップのためのTOEICについて

TOEICの資格を持っておくと就職などで有利になるだけでなくキャリアアップにも重要な要素となります。
多くの会社ではキャリアアップの前にはTOEIC試験を受けさせるところも増えてきています。大きな企業になると海外との交渉や事業展開を広げるために英語を使える人材が必要になります。
会社としても英語が話せたり、読み書きができる人材がたくさんいる方が利益につながっていくので、TOEICテストを受けさせることで社員の英語力を伸ばそうとしています。
TOEICで出題される例題はビジネスに関連した話題が多く、会社の上司と部下との会話が問題となっていることが多くあります。リーディングの長文読解問題でも企業の求人広告などを読み解く問題が数多く出題されています。
TOEICのために英語を勉強することで自然とビジネス英語を修得できるようになっています。勉強したビジネス英語は実際に仕事で海外の人とやり取りをするときにも役立てることができます。

Favorite

2017/6/2 更新