英文法と長文の攻略

TOEICで高得点を取るための英文法

TOEICで高得点を取るためには英文法をマスターしている必要があります。文型や品詞、熟語、慣用表現などを理解して暗記しておくことが大切です。
リスニングやリーディングでも英文法の知識があれば、空白の部分や言い換え表現を探すのに時間がかかりません。
TOEICは時間制限のあるテストですので、すばやく解答できるかどうかで得点がかわってきます。スピーディーに英語を理解できるようになるには、普段から英語に慣れておくこと大事です。
リスニングならCDなどで英会話の音源をくり返し聞いたり、リーディングなら洋書に慣れ親しんだりしておくと英語の感覚が身についてきます。参考書などで英文法を学ぶとともに、楽しみながら英語に接することで知識と感覚が磨かれていきます。
TOEICでは覚えていない似たような英単語から正解となる選択肢を選ばなければならない場合もありますが、そのときに理論的、あるいは感覚的に正解を導き出せる能力があると高得点を得られる可能性が高まります。

TOEICの長文を攻略する

長文の攻略 TOEICは大きく分けてリスニングセクションとリーディングセクションの2つに分かれています。
特に配点が大きいのがリーディングセクションの中の長文読解問題です。これを解けずして、ハイスコアを叩き出すことは不可能といっていいでしょう。
TOEICの長文は他の英語の試験、たとえばビジネス英語や国連英検などと比較すると専門用語が少なく、平易な文章ではあります。
しかし、問題はその分量です。リーディングで300点に満たない受験者のほとんどは時間内に解き終わることができていません。
問題を解くスピードを上げるためには、返り読みせず速読できるようになるのが効率が良いのですが、速読を実現するためには基礎的な語彙力、文法や構文の知識といった精読のスキルも求められます。
基礎的な力が身に付いたならば、TOEICの問題集を用いて実践あるのみです。解き終わった後の英語長文は絶好の復習教材ですので、読み直しや音読を欠かさずしましょう。

Favorite

2017/10/13 更新